社会保険労務士について

社会保険労務士とは 社会保険労務士制度は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行い得る国家資格を持つ専門家の制度で、社会保険労務士法(昭和43年6月3日法律第89号)により定められています。

社会保険労務士とは、毎年1回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者をいいます。

社会保険労務士の委託メリット

企業が社会保険労務士へ業務を委託するメリットとしては、次のような点が考えられます。

企業経営に専念
専任の事務員を配属する必要がなくなり、労働・社会保険の複雑な事務手続から開放されます。本来の企業経営に専念することができます。

事務手続の改善
行政機関などへの報告・届出などの手続がスピーディに処理され、帳簿書類も正確に作成されます。

経営の円滑化
法令改正や労務管理全般に関する情報が入手しやすく、事業所に有利な各種助成金を活用する機会が生まれます。

適切なアドバイス
それぞれの事業所に適した労務管理や社会保険全般に関する相談やアドバイスをが受けることができます。


ページトップに戻る